通过樱花文化探究日本人的精神特征_日语论文.rar

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-10-27
  • 论文字数:9419
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:桜といえば、人々は自然に「日本の国花」と思い出す。確かに、日本人にとって、桜はただ植物の一種だけではなくて、特別な意味と感情を含む特別な存在のものだ。

 菊と比べ、桜の方がもっと日本人の精神や性格の特徴をあらわすことができる。日本政府は毎年の3月15日~4月15日を「桜祭り」と決めた。このとき、国内の放送、新聞、テレビ、どこでも桜満開のニュースを流す。世界中でこれほど桜を愛する国はないだろう。

 桜は日本の衣食住、芸術、政治など各分野に浸透する。時代の発展につれて、桜の意味も変化しつつある。最初の民俗信仰の委託から大衆讃美の対象になって、神聖から普遍へ、さらに「国花」の地位にいたるまで、桜はずっと日本人の切っても切れない絆だ。

 桜の最初の登場は、『古事記』『日本書紀』(720年)などの神話伝説だ。民俗学家が考証するとおり、桜は「農耕の神」として、豊作を占うの器具として用いられる。或いは守護の神として、人間のひざまずきやぬかずきを受ける。中古時代の貴族の宴会から、中世の武士階級に広げ、近世の一般民衆の花見まで、和歌、俳諧、小説中の文学表現から刺青、絵画、生活まで、桜は日本社会の隅々までしみ込む。 

 日本の近代思想家新渡戸稲造は『武士道』の中で、「武士道はそのシンボルの桜のように、この土地の固有の不思議なもの」と述べ、桜は満開のとき突然に落ちて、命の儚さと壮烈さをを象徴する。軍国主義はこの点を利用して兵士に「忠君報国」の思想を注ぎ込む。しかし、桜も外交時親善を表すためのものとしてもちいられる。1972年、日中国交正常化の時、田中角栄首相は日本国民の名で中国に桜木を贈呈する。この時、桜は平和友好の象徴になる。

 とにかく、桜は日本文化の中で不可欠の一環だ、日本社会を理解することに大切な意味がある。

キーワード:桜 国花 武士道 文化

 

摘要:提到樱花,人们会很自然地想到它是日本的国花。确实,对于日本人而言,它绝不单纯地只是一种植物,而是蕴含着特殊意义与情感的存在。

  比起菊花,似乎樱花更能体现日本人的精神世界与情感特征。日本政府把每年的3月15到4月15定为“樱花节”。每当这个时候,日本国内的广播、电视、报纸等各大媒体均在报告樱花盛开的讯息。世界上应该没有比日本更爱樱花的国家了吧。

  樱花文化已经渗透到日本的衣食住行、艺术、政治等各各领域。随着时代的发展樱花的意义也在不断变化着。从最初的民俗信仰寄托到大众审美对象、从神圣到普遍、再到最后被推至国花、樱花始终是日本人民难解的羁绊。

  樱花最初出现在《古事记》和《日本书记》这些典籍的神话传说中。正如民俗学家所考证的那样,樱花作为“农耕只神”,被用作占卜丰收与否的神物,或者作为“守护之神”接受民众的顶礼膜拜。经过始自王朝时代的宫中、贵族知识层的花宴,到中世的武士阶层,近世扩展到大众的赏花观樱;从和歌、俳谐、小说里的文学表现,到绘画、纹饰再到社会生活,樱花逐渐浸透到日本社会的每一角落。

  日本近代思想家新渡户稻造在《武士道》一书中写道:“武士道与其所象征的樱花一样,为日本这片土地所固有的奇葩。”樱花在最绚烂之时凋落,象征了短暂而壮烈的生命。军国主义正是利用这一点向士兵们灌输“忠君报国”的思想。另一方面,樱花又在外交上被用来表达亲善。1972年中日邦交正常化的时候,田中角荣首相就代表日本人民向中国赠送了樱花树。此时,樱花又成了和平与美好的象征。

  总之,樱花作为日本文化中不可或缺的一环,对于我们更深入地了解日本社会有着极其重要的意义。

关键词:樱花 国花 武士道 文化

 

...
资料下载地址:

支付并下载