日本近代文学中的武士道精神-《大石内藏助的一天》和《阿部一族》为例.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-05-13
  • 论文字数:6865
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要  旨:武士といえば、第一印象は「桜」と「切腹」などだろう。日本では、普通「桜」で武士を比喩する。なぜなら、桜の形と開花期の特徴などの面では武士道のある特徴に似ているからである。もう一つの切腹はおそらく武士道の最高境界と言えてもいいだろう。普通の日本人は「武士道は死に対する一種の覚悟だ」と思う。武士道の理想境界は生存ではなく、死亡だ。田舎で晩年を暮れた武士はいい武士ではなく、戦場或いは自殺で死んだ武士はいいものである。今の日本の社会では、武士というものはもうなくなり、武士道も公然たる精神として提唱しないけれども、その武士道精神は一種の精神文化とし、いつまでも文学に従って、伝われている。

  本論は森鴎外の『阿部一族』と芥川龍之介の『或日の大石内蔵助』の二つの文学作品を例とし、比較する方法を通し、「忠誠」、「恥」と「死亡」の間の関係を簡単に分析して見よう。

  本論は四つの部分を分けている。第一部分は武士道精神の起源を仏教、神道、儒学の三つの方面から説明する。第二部分は二つの作品――『阿部一族』と『或日の大石内蔵助』の内容と創作背景を粗筋に紹介する。第三部分は文学作品を例として、「忠誠」、「恥」と「死亡」の関係を分析する。第四部分は三者の関係を簡単にまとめる。

キーワード: 忠誠 死亡 恥 切腹 名誉

 

摘 要:提起武士,相信大家的第一印象无外乎樱花、切腹等。在日本总是以樱花来比喻武士,这是因为樱花在外型、花期特点等方面和武士道的某些特点是非常相像的。而切腹则是武士道最高境界了吧。一般日本人认为 “武士道是对死的一种觉悟”,武士道的理想境界不是生存,而是死亡,田园终老的武士不是好武士,战死沙场或者自杀才是理想的归宿。虽然在当代日本社会中,武士已经是属于过去式了, 武士道已经不被日本公开作为一种精神信仰来倡导,但是其作为一种精神文化却一直随着文学流传至今。它的集团精神、对死亡的无所畏惧等等仍然深深的影响着一代人。

   本论主要是分析森鸥外的《阿部一族》和芥川龙之介的《大石内藏助的一天》两部文学作品中所表现的武士道精神,通过比较的方式,得出忠诚,死亡,和羞耻这三方之间的关系.

   本论分为四个部分。第一部分将从佛教、神道教、儒教三方面来说明武士道精神。第二部分粗略的介绍以上两部作品的内容和创作背景。第三部分将以以上两部文学作品为例,分析忠诚、死亡和羞耻之间的关系。第四部分是对本论的一个总结。

关键词: 忠诚; 死亡; 羞耻; 切腹; 名誉

...
资料下载地址:

支付并下载