芥川龙之介艺术思想发展轨迹 —戏作三昧、地狱变、河童为例_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-07-25
  • 论文字数:6954
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:芥川龍之介(1892-1927)(以下は芥川と略称できる) は、日本大正時期の代表作家である。彼は日本近代文学史上重要な地位を占めている。芥川の短い十数年間で、百四十九篇の小説を創作した。

彼の小説はとても短い、素材は斬新て、筋が目新しくて怪しい。彼は社会の醜い現象に対して関心を持つ。小説は怪しい構想で、独特な風格があり、行文も簡潔と質朴である。十分に高い芸術の感化能力があり、読んだ後で、人間性についての様々な恐れ惑いや考えを思わせる。そのため、後世の多くの研究者は芥川が芸術至上主義論者であると思っている。本論は『戯作三昧』、『地獄変』、『河童』に表れた芸術思想を分析して、芥川龍之介の一生の芸術思想の発展軌道を探求したい。

キーワード:芥川龍之介;芸術至上主義;戯作三昧 ;地獄変;河童

 

摘要:芥川龙之介(1892-1927)(以下简称芥川)是日本大正时代小说家。在短暂的一生中,他写了近150篇短篇小说。

   他的小说虽篇幅很短,但取材新颖,情节新奇甚至诡异。他更多关注社会丑恶现象,诡异的构思,别具一格的文笔,行文简洁平实,毫不卖弄,读罢却能引来种种关于人性的惶惑与思索,充分彰显了其高度的艺术感染力,因此,后世研究者也大多认为芥川龙之介是艺术至上主义论者。本文想通过分析芥川的作品《戏作三昧》《地狱变》《 河童》这三篇小说所表达的艺术思想,来研究芥川短短一生中艺术思想的发展轨迹。

关键词:芥川龙之介;艺术至上主义;戏作三昧;地狱变;河童

...
资料下载地址:

支付并下载