从动画电影看宫崎骏的战争观_日语论文.doc

  • 需要金币1000 个金币
  • 资料包括:完整论文
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-09-24
  • 论文字数:7942
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:平和と発展は今まで世界の各国人民の関心を持った共通の問題である。永遠の平和を確保するために戦争の爆発を防止するのは最も有効な方法である。みなさんご承知のように、中日両国は一衣帯水の隣国である。本論では、宮崎駿を代表的な人物にし、深く調査と研究を通じて客観的に宮崎駿の戦争観を分析する。先ず、宮崎駿の一生の経歴に対して簡単に紹介する。それから、三部作の『風の谷のナウシカ』と『ハウルの動く城』と『風立ちぬ』に対しての分析するから宮崎駿の正しい戦争観を見たうえ、平和を主張する人として戦争に厳しく批判する。平和な生活へのあこがれについての考え方を人々に伝えろうである。戦争は社会に危害を及ぼしてから、みんなは世界平和を維持する重要性が分かるべきである。

キーワード:戦争観;宮崎駿のアニメ映画;平和の主義

 

摘要:和平与发展一直以来都是世界各国人民所关注的共同主题,为了世界和平发展最直接有效的方式就是避免战争的爆发。众所周知,中日两国隔海相望、毗邻而居。本文以宫崎骏为代表,通过深入研究他的三部动画电影作品来客观剖析他的战争观。先简单的对宫崎骏的生平经历进行介绍,再通过分别解读《风之谷》《哈尔的移动城堡》《起风了》三部电影作品,分析宫崎骏通过电影所折射出的正确的战争观,表现出他作为一个和平主义反战斗士对于战争的严厉批判以及对于和平的向往。使人们意识到战争对于社会的危害,维护世界和平的重要性。

关键词:战争观;宫崎骏电影;和平主义

...
资料下载地址:

支付并下载