关于川端康成文学中的物哀_日语论文.rar

  • 需要金币1500 个金币
  • 资料包括:完整论文,开题报告,任务书
  • 转换比率:金钱 X 10=金币数量, 例100元=1000金币
  • 论文格式:Word格式(*.doc)
  • 更新时间:2016-09-12
  • 论文字数:9322
  • 折扣与优惠:团购最低可5折优惠 - 了解详情
  • 文档路径论文助手网 > 外语论文 > 日语论文 >

提示:本站支持手机(IOS,Android)下载论文,如果手机下载不知道存哪或打不开,可以用电脑下载,不会重复扣费

要旨:川端康成は日本の、ひいては世界の有名な作家である。新感覚派の代表作家として、たくさんの作品を残した。1968年にノーベル文学賞を入賞した。川端は一生独特の感受性で、平安時代からの「物の哀れ」の美学理念を受け継いで、日本美の世界を構築する。川端の作品は抒情性を富んで、人生の美を追求する。

  本論は主に川端康成の三つの作品を中心にして、川端の特有の「物の哀れ」を検討したいと思っている。第一章は「物の哀れ」の意義及び日本伝統の文学における「物の哀れ」を紹介する。第二章は孤児の体験、失恋の痛手、『源氏物語』という三点が川端文学における「物の哀れ」の形成に与えた影響を分析する。第三章は『古都』『伊豆の踊子』『雪国』などの作品を研究する。『古都』の人物が絵のような景色に暮らし、自然に慰めてもらい、自然に感情を託していた。『伊豆の踊子』では、清純無垢な踊子や文中に溢れた青春の息は作者の青春時代の純情と苦痛である。『雪国』の中に、川端の生と死を一如に観ずるという死亡に対するの理解を表れる。つまり、自然の風物、男女の恋情、死亡の境界という三点から川端文学の中の「物の哀れ」を探究する。

  川端は自分の体験と生命で、濃厚な感情を持ちながら、「物の哀れ」を溢れた文学を創作した。プロットと融合した自然の風物、悲しい雰囲気をめぐった男女の恋情、生死を超えた死亡の境界を描写した。

キーワード:川端康成、物の哀れ、古都、伊豆の踊子、雪国

 

摘要:川端康成是日本乃至世界有名的作家。作为新感觉派的代表作家,留下了许多作品。1968年获得诺贝尔文学奖。川端一生以独特的感受性,继承从平安时代出现的“物哀”美学理念,构建日本美的世界。川端的作品富有抒情性,追求人生的美。

   这篇文章主要以川端康成的三部作品为中心,客观讨论川端特有的“物哀” 。第一章介绍“物哀”的意义以及日本传统文学中的“物哀”思想。第二章分析孤儿体验,失恋的痛苦,《源氏物语》这三点对形成川端文学中的“物哀”的影响。第三章研究《古都》《伊豆舞女》《雪国》等作品,《古都》中的人物生活在像画一样的景色中,得到了自然的慰藉,将感情寄托于自然。在《伊豆舞女》中,清纯无邪的舞女和文中洋溢的青春气息正是作者青春时代的纯情和痛苦。《雪国》中,展现了川端对死亡的理解,视生死为一体。即从自然风物、男女恋情、死亡的境界这三点探索川端文学中的“物哀”。

   川端用自己的体验和生命,带着浓厚的感情,来创作充满“物哀”的文学。描写了与情节相融合的自然风物、围绕在悲伤气氛中的男女恋情,超越生死的死亡境界。

关键词:川端康成、物哀、古都、伊豆舞女、雪国

 

...
资料下载地址:

支付并下载